一年の計

No Comments

 

私は、何の意味もなく、何も考えることなく、アホみたいに『一年の計は元旦にあり』を唱えてるわけではないのです。

個々人のケースで考えたとしても、一年の計を決めることで、それから1年経ったあとの成果が違ってきますよ。

これが企業ともなれば、なおさらです。

社員個々が元旦に一年の計をバッチリ決めて、正月休み明けからバリバリと仕事をしている会社と、社員が酒でも飲んでボサッと正月休みを過ごしている会社とでは、1年後の利益に圧倒的な差がつきますよ。

もちろん、社員ひとりひとりの目標決定のしかたも大切ですね。

会社幹部は、社員ひとりひとりのやる気を引きあげるために、会社全体としての一年の計を必ず決めなきゃいけません。。

そのあと、社員ひとりひとりにも、会社全体の一年の計に見合った任務目標を決めてもらうんです。

幹部から平社員まで一丸となって、一年の計の達成を目指しながら365日の任務を果たすことで、かなり大きく会社の利益は上がるはずです。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です